ANSYS INNOVATION FORUM 2019
ANSYS INNOVATION FORUM 2019

ANSYS INNOVATION FORUM 2019
- Innovate everywhere, anytime

今日の産業界では、収益構造の改善やイノベーティブな製品の開発をより短期間で実現するために、設計開発から製造、運用保守にいたる製品ライフサイクル全般にデジタルトランスフォーメーションの波が押し寄せています。ここで存在感を増すANSYSのシミュレーションテクノロジーは、お客様、パートナーの皆様の知識と経験と技術力の融合により、新しい価値を創造し続けています。
本カンファレンスは当社のシミュレーションテクノロジーの活用事例を中心に、Volkswagen Motorsport GmbH様の特別講演、ANSYSのビジョン、最新ソリューションのご紹介、お客様による事例講演、パートナー様の技術講演等、多数のセッションを予定しております。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

News

開催概要

Speaker

基調講演
Dr. Benjamin Ahrenholz
Head of Calculation/Simulation,
Volkswagen Motorsport GmbH
詳細はこちら

Acceleration of race car development by application of modern and conventional simulation methods
最新および従来のシミュレーション方法の適用によるレースカー開発の促進

【概要】
It is becoming increasingly important for the development of prototype vehicles to test and evaluate possible designs in the very earliest design phases. A wide range of simulation tools is available for this purpose which a calculation engineer can utilize. Normally, the calculation departments are predestined for these tasks. Nevertheless, it is becoming increasingly important for the designer to be able to make decisions without having to iterate through several development loops with a simulation engineer. Recently, new approaches appeared which can be intuitively operated directly by the designer and which are partly already integrated into the CAD process. This talk highlights the opportunities,but also the risks, of these new tools.

プロトタイプの開発でも、初期段階から、可能な設計を計算、評価することがますます重要になっています。
初期段階の計算で解析専任者は、さまざまなシミュレーションツールを使うことが可能です。通常、解析専任者の部門では、決められた手順が準備されています。しかしながら、開発を加速させるために、解析専任者と設計者がやり取りを繰り返すことなく、設計者自身で計算、評価できるようになることが、より重要になってきました。
最近、設計者が直感的に操作し、CADプロセスに統合されている新しい解析のアプローチが登場しました。
本講演では、この新しいアプローチの可能性だけでなく、リスクについてもお話しいたします。

【プロフィール】
Dr. Benjamin Ahrenholz has been Head of Calculation/Simulation at Volkswagen Motorsport GmbH since 2014. Volkswagen Motorsport is a 100% subsidiary of Volkswagen AG and develops, manufactures and sells vehicles for various motorsport series. In addition to race cars for circuit tracks and rallies, prototype vehicles for factory assignments are also developed and built at the location in Hannover/Germany; Mr. Ahrenholz studied civil engineering at the LU Hanover and received his diploma in the field of numerical modeling of large underground structures. After changing to TU Braunschweig he continued his academic education by receiving a Ph.D with a thesis in the field of numerical fluid mechanics and HPC computing. After his time as PostDoc and subproject manager, Mr. Ahrenholz moved from the university to the automotive industry. There he worked for several years as a computational engineer focusing on flows and thermodynamics.

Dr. Benjamin Ahrenholzは、2014年からVolkswagen Motorsport GmbHの計算/シミュレーション責任者を務めています。
VolkswagenMotorsportは、Volkswagen AGの100%子会社であり、さまざまなモータースポーツシリーズの車両を開発、製造、販売しています。サーキットやラリー用のレーシングカーに加えて、委託を受けたプロトタイプカーは、ドイツのハノーバー工場で開発・製造されています。
Ahrenholz氏はハノーバー大学(LU Hanover)で土木工学を学び、大型地下構造物の数値モデリングの分野で卒業証書を受け取りました。 ブラウンシュヴァイク工科大学(TU Braunschweig)に進学後、彼は数値流体力学とHPCコンピューティングの分野で論文を取得して博士号を取得することで学術教育を続けました。 博士研究員およびサブプロジェクトマネージャを務めた後、Ahrenholz氏は大学から自動車業界に移りました。 そこで彼は数年間、流体と熱力学に焦点を当てた計算エンジニアとして働いていました。

プログラムはこちら  ご登録はこちら

Access

赤坂インターシティコンファレンス

Contact

お問い合わせ
ANSYS INNOVATION FORUM 2019 イベント登録事務局